2021.03.10
Webマーケティング

Google広告のお問合せ方法

Google広告の設定方法がわからないなあ。
あと、なぜか広告の審査がエラーになってしまう・・。

こんなお悩みありませんか?

ここではGoogle広告で困ったときのお問合せ方法や対処法をお伝えいたします。

Google広告を進める中でエラーの修正をスピーディーに対応したい方にお役立ちできれば幸いです。

Googleサポートセンターに確認しましょう

結論から言ってしまえばこれだけでGoogle広告のお悩みはすべて解決します。

なぜならGoogleのサポートデスクに直接確認できるのですからこれ以上の解決策は無いですよね。

僕がGoogle広告初心者のころからいかにこの方々に助けて頂いたことか。

Googleサポートセンターの皆様、いつもありがとうございます。

ということで、Googleサポートセンターへの問合せ方法をまずは説明いたします。

お問合せボタンをクリック

お問合せボタンはGoogle広告管理画面の右上にあります。

「?」がついているアイコンです。

コロナ以前は電話でのお問合せが出来たのですが、現在はチャットでのお問合せが基本となっています。

お問合せ内容を入力

この赤枠内にお問合せ内容を入力しましょう。

なるべく状況を具体的に記載することでスムーズな対応をしていただけるようになります。

問題の詳細を確認

①で入力した内容に近しい質問が表示されるのでクリックすると今回質問したい該当のGoogle広告のアカウント選択画面が出てきます。

ここで該当の広告アカウントを選択するとおすすめのヘルプページが表示されます。

これで問題解決されればヘルプデスクへの連絡はしなくても大丈夫なので一度ここで内容に目を通してみましょう。

それでも解決しなければ次の手順へ進みましょう。

お問合せ方法を入力

このような画面が表示されますのですべて入力したら送信しましょう。

「電話またはメールで通知」を選択すればチャットボットが立ち上がり少し待てばGoogleサポートセンターへ接続されます。

チャットボットの方が電話より早い

個人的な意見ですが僕が以前からGoogleサポートセンターを利用していて感じるのは明らかにチャットボットの方がやり取りがスムーズだなと思います。

理由として無駄なやり取りが少ないのと、チャットで内容を調べてもらっている間に別の作業が出来るからです。

忙しいビジネスマンにとって時間は何よりも貴重です。

Googleサポートセンターの皆様に感謝しつつも質問の内容を分かりやすくまとめてわからないことがあれば聞いてみましょう。

弊社でもGoogle広告の運用代行やサポートは行っていますのでお気軽にご相談ください。

リスティング広告のご相談はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

海老原勝信
海老原勝信
2020年1月NOBUを創業。担当領域は営業、ディレクション、マーケティング。数社の大手IT企業とスタートアップ事業の立ち上げやベンチャー企業での営業とマーケティング経験を元に独立。知識をつけて実践に生かすのが好き。